開催予定
小松左京7回忌の集い
ご挨拶
城谷小夜子
城谷小夜子
早いもので、小松先生が宇宙へ飛び立たれた2011年7月26日から7回目の夏を迎えようとしています。
50年も前に書かれたSFが、現実味を帯びて感じられます。
矛盾だらけの人間たちに、歴史の事実を絡ませて、ユーモアと怖さとペーソスの味付けをしたすごいSFを揃えました。
琵琶、ギター、歌、踊り、今年も仲間が集まってくれ感謝です。
乙部さんには作品の解説と思い出も語って頂きます。
さらに今年は音楽が大好きだった先生を喜ばせたいと思い、特別企画としてクラシックのお二人に演奏と歌をお願いしました。
楽しんで頂ければ幸いです。
   
小松左京8回忌の集い
【と き】 7月2日(月) 
【ところ】 お江戸日本橋亭
東京都 中央区日本橋町 3丁目1−6 丁目
【チケット代】 1,999円
昼夜通し券は 昼夜通し券は 3500円

【プログラム】

昼の部: 午後2時開演

『おえらびください』
語り:城谷小夜子 中島詩元興作曲「平家物語2002」

ひとりひとりがこの世の在り方を決めているということですね。 あなたはどんな未来を選びますか?

『待つ女』
夫:茶谷幸也 妻:安島裕子 女:室井三紀 音楽は、ひめひおをぎ「別れ」

電車を待ったり、順番を待ったり、人を待ったり、私たちはいつも待っています。 田所美枝子は「待つ女」でした。さて、その結末は・・・・。

『蚊帳の外』 
語り:田中由喜子

人間の欲の中で一番苦しいものが、この情念のようです。

「小松さんとの思い出を語る」
 乙部順子 音楽はCDアーミン・ローベックの奏でる尺八

小松左京さんは、もう1作、乙部さんをモデルにして女シリーズを書きたかった。

『女狐』〜安倍晴明
語り:城谷小夜子 琵琶:室井三紀

安倍晴明の母は、狐ともいわれています。今年ソチオリンピックで羽生弓弦選手が フリーで「SEIMEI〜晴明」をテーマに滑り、見事金メダル2連覇を成し遂げましたのも 記憶に新しいところです。さて、どんな安倍晴明SFでしょうか…

昼の部: 午後2時開演

『おえらびください』 
語り:城谷小夜子 中島詩元興作曲「平家物語2002」

ひとりひとりがこの世の在り方を決めているということですね。 あなたはどんな未来を選びますか?

『待つ女』
夫:茶谷幸也 妻:安島裕子 女:室井三紀 音楽は、ひめひおをぎ「別れ」

電車を待ったり、順番を待ったり、人を待ったり、私たちはいつも待っています。 田所美枝子は「待つ女」でした。さて、その結末は・・・・。

『蚊帳の外』 
語り:田中由喜子

人間の欲の中で一番苦しいものが、この情念のようです。

「小松さんとの思い出を語る」 
乙部順子 音楽はCDアーミン・ローベックの奏でる尺八

小松左京さんは、もう1作、乙部さんをモデルにして女シリーズを書きたかった。

『女狐』〜安倍晴明
語り:城谷小夜子 琵琶:室井三紀

安倍晴明の母は、狐ともいわれています。今年ソチオリンピックで羽生弓弦選手がフリーで「SEIMEI〜晴明」をテーマに滑り、見事金メダル2連覇を成し遂げましたのも 記憶に新しいところです。さて、どんな安倍晴明SFでしょうか…
   
出演者
 
アーミンローベック
チェロ奏者 尺八師範

2年前にドイツから日本に引っ越しました。小松先生の世界と出会いまして、7回忌に続き8回忌にも共演ができて光栄だと思っています。今回は初めてバリトン歌手の砂田さんと演奏致します。バリトン歌手とチェロの組み合わせはとてもユニークで、特別な響きの空間が生まれます。ヨーロッパの古代の考えにより、音楽の本来の役割は言葉や語りがより深く心に触れるためです。今日の語物が音楽を通してより味わい深くなることを心から願っています。

1967年ドイツ、レムゴ市に生まれる。デトモルト音楽大学、ケルン音楽大学にて、チェロの演奏家ディプロマを取得。卒業後、日本に6年間滞在し日本フィルハーモニー交響楽団」に在籍。「ドイツ・バッハ・ゾリステン」のメンバーとして、古楽器バロックチェロ奏者の活動。1994年に尺八と出会い琴古流尺八師範となる。現在東京フィルハーモニー交響楽団で演奏。チェロと尺八の指導に従事


室井三紀
女優・琵琶奏者

初めての琵琶でのお仕事が城谷小夜子さんの主演された小松左京先生の「昔の女」でした。それから30年もの月日が流れ、こうして城谷さん、そして小松先生の作品に係わらせていただき、本当に感謝しています。10年後かな、20年後かな、 また「昔の女」もできるといいなぁ。

初めての琵琶でのお仕事が城谷小夜子さんの主演された小松左京先生の「昔の女」でした。それから30年もの月日が流れ、こうして城谷さん、そして小松先生の作品に係わらせていただき、本当に感謝しています。10年後かな、20年後かな、 また「昔の女」もできるといいなぁ。

乃々梅
歌手・女優  日本舞踊家

小松左京八回忌の集いに出演させていただけることの幸せ、こころから感謝申し上げます。 3回忌と7回忌を乃詠−noe-の名前で参加させていただき、このたび日本舞踊の名取となりまして、乃々梅と改名いたしました。今回の公演で、歌に加え、舞も振り付けさせていただきました。物語の語りの奥に見える風景や想いが歌と舞で色を添え、皆様の心に届けば幸いです。

歌手乃々梅として、和風現代音楽バンド「ひめひおをぎ」のヴォーカルをつとめる。日本舞踊・若葉流名取“若葉乃々梅”として、舞踊活動。振付師、指導も含め活躍中。2017年「あらあらかしこ」を屋号に、和の心を伝える芸能活動を発信する団体を立ち上げ、代表を務める。


須田弘子

私は疎開先の小さな町で終戦を迎えました。この作品はいろいろな意味で重いので逃げたいとも思ったのですが生かされている生命と思い受けさせて戴きました。

何故なのでしょうねえ、小さい時から芝居が好きで、首を突っ込んできました。本業は帽子作家なのですが・・・城谷さんに感謝です。

安島裕子

小松先生、この集いに呼んで頂きありがとうございます。作品を通じて不思議な世界に入り込んで楽しんでいます。演じることは発見の連続です。それを気づかせていただいた城谷先生に感謝しています。

埼玉県浦和生れ千葉大学教育学部卒 小学校教諭を経て現在公民館で勤務。ヘルスアート指導の資格を取得。書道・俳句・煎茶を勉強中。趣味は旅行・登山


太田光風

小松左京7回忌の集いにて『見捨てられた人々』の作品で初めての舞台。あれから1年。4才になりました。歌やダンス、お芝居が大好きです。

砂田直規
バリトン歌手

小松先生を知ったのは、私もまた「日本沈没」でした。東日本の、九州の大地震…そして、難民受け入れにゆらぐ EU 諸国の情報に触れる度に蘇るのは、読後の身が震える程の恐怖でした。今日のローベックさんとの協演は、これまでピアノや複数の楽器でしか経験のない私にはとても新鮮です。私もまた平和への願いを込めて歌います。

信州大学卒業。東京混声合唱団4年間在籍。東京芸術大学大学院オペラ科修了。バリトン歌手、合唱指揮者として活動。海外での演奏もパリ、ワルシャワ他多数。城谷氏制作の舞台への出演も多い。


茶谷幸也
俳優

今年も金沢からやってまいりました。 お声かけいただき大変光栄です。今回私の出演するSF「待つ女」は、ミステリーかと思いきや、とてもヒューマンな物語。 そして意外な結末!どうかお楽しみに!

石川県金沢市出身地元を中心に演劇、朗読等の活動を継続。5年間の在京時代に和の輪旗揚げ公演に参加し、その縁が現在も続いている。感謝! 主な出演作は、泉鏡花「天守物語」(図書之助)、劇団北陸新協「キネマの天地」(尾上竹之助)など


太田みつる
歌手

同じ音の言葉というのは、深い部分で繋がっていると感じます。前回の公演より和の輪チームに参加させていただきましたが、音楽畑しか知らない私にとって、舞台作りというのは感激の連続でした。作り手の感激とご覧になる皆様の観劇が、どこで一つになるのか、その深さが時間を忘れるように。当日まで精一杯積み上げていきます。

青森県鶴田町出身幼少期にとんねるずの“雨の西麻布”を暗記しうたったところ、大人のウケが良く、そのときより歌う楽しみを覚える。ギター、歌に加え、2015年より長唄三味線で松永鉄九郎師匠に弟子入り。“人生とプロレスする”をモットーに、ライブ、イベント、ラジオ等で活躍中。2017年より和の輪に参加。あらかしこ所属


小熊正子

芝居は大好きで楽しんでいましたが、縁あり昨年「小松左京7回忌の集い」に命懸けの挑戦で初舞台を踏みました。表現のむつかしさ、創り上げていくおもしろさを知り再挑戦。自分磨きを芝居を通じて必死でがんばります。

熊本の美しい山と川に囲まれ、朝から晩まで大自然が友達でした。3人の子育てと姑の介護を終え、神保町の紙専門店で長年働いた末、城谷小夜子師匠の導きで今に至っています。

田中由喜子

60年ぶりに浴衣を着ての念願の日本舞踊の稽古も、膝を庇いながら思うように動けず、それでも毎回楽しんでいます。ああ、時間が、何より若返りの水が欲しい!由喜ばぁのひとり言。本番はどうなりますやらー「小松先生どうですい?」

子育て中に子供文庫に携わり「日本の民話の語り」を船橋の小学校、地域でとボランティア活動してます。只今人生下り坂の真最中。若い時にやりそこねた水泳、シャンソンも楽しんでます。

飯田佳子

先ずは、去年の「小松左京追善劇」に誘われるままに出演。女優?初体験を果たし、非日常を味わう。そして2回目。今回もまた、小夜子マジックに乗った私に、どんな心の変化が生じることやら・・・。舞台の成功を念じつつ。

京都に生まれ育つ。上京区西陣。京都御所、鴨川べりが遊び場所。今年80才。傘寿に。日々感謝の心を忘れず、明るく前向きに生き、興味を持つことがモットー


乙部順子
1962年「易仙逃里記」でデビュー
1963年「地には平和を」で第50回直木賞候補
1973年「「日本沈没」400万部を超えるベストセラー
1974年 第27系日本推理作家協会賞「日本沈没」
1985年「第6回日本SF大賞「首都消滅」
1984年 映画を作る「さよならジュピター」
1970年 大阪万博 企画運営
1990年 国際花と緑の博覧会 企画運営
2011年 第42回星雲賞特別賞
2012年 日本SF作家クラブ特別功労賞 NPOグローバルシアター和の輪で上演したのは25作品 「昔の女」「果てしなき流れの果てに」「お召し」 解説は小松左京先生の秘書として34年間支えた 乙部順子さん。
※写真松本コウシ
 

城谷小夜子
本日はお出で頂きまして誠にありがとうございます。 砂田さんとローベックさんの夢の競演。三紀ちゃん茶谷さんは友情出演。  みつるさんは俳優に、乃々梅さんは振付に挑戦してもらい、乙部さんは 私の最高の相談相手。去年に続き須田さん安島さん小熊さん田中さん 飯田さん光風君が舞台出演で皆一段と成長されました。小松先生の応援 もあり今年も元気です。どうぞお楽しみくださいませ。
京都出身 女優 女義太夫 ロシアやUSAの大学や劇団、ユネスコ他で日本伝統文化を教えている。大阪文化祭賞奨励賞。鍼灸師・易學士の資格。小松作品を演じ続けている。講演は「声だし健康法」

総合プロデュース:城谷小夜子 舞台監督:庄山彰浩  音響:中島詩元興
スペシャルサンクス:小松左京ライブラリィ様 ひめひおをぎ様 和の輪理事会
※台本につきましては、生前「僕の作品を自由に使ってよい」と小松先生よりお許しを得ていましたので、今回も原作をお借りして自由な発想で作品を作らせていただきました。合掌
主催 NPOグローバルシアター和の輪 〒270-2252松戸市千駄堀1695−1
Tel/fax 047-349-3043 info@wanowa.org www.wanowa.org  

地図
 

お江戸日本橋亭
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町3丁目1−6

*銀座線「三越前」A10出口歩2分
*総武線・新日本橋駅出口4番歩3分
*山手線「神田駅」徒歩7分

お申込み
  電話:047-349-3043
Fax:03-3308-5126
チケットのお申込みは電話かFAXまたは専用フォームをご利用ください。
※チケットレス(合計金額から100円引き)をご希望される方は、
電話かFAXでご注文ください。
▲pagetop



小松左京7回忌の集い