講演・ワークショップ

2011年10月10日(月)さいなら原発 広瀬隆講演会「琵琶湖・関西の水がめが危ない」

みなさま、お元気ですか。
原発を考える講演会のお誘いです。

2011年3月11日を境に日本は全く違う国になりました。
これから気が遠くなるほどの長い時間を、放射性物質とおつきあいします。

今わたしたちが考えなければならないことは、今後のエネルギーのことだとおもいます。

今全国で、原発を抱えている自治体も、その近隣の県も、原発をどうしたらいいのか、考え始めています。
特に、子供を抱える若いお母さん、これから子供を産みたい若い女性たちです。
そして、たくさんの人たちが、この原発の事とエネルギーのことを考え始めています。

琵琶湖は、関西に水を供給しているありがたい湖です。
福井もんじゅ原発から、近いところにあるため、もし福井原発で事故が起きたら、滋賀、京都、大阪の人たちの水源が大変なことになる、と滋賀の人たちが動きだしました。

まず、「原発とは何か」を「知ること」が大事だと思います。
わたしも、堅田教会の竹内牧師様との出会いから実行委員の一人になりました。
(7月にこの教会で小出裕章先生の講演会が行われ、わたしはラッキーにも教会に宿泊し、スタッフの一員として講演会をお手伝いさせていただきました。
そのとき、今回の広瀬隆講演会のたち上げの集まりがあり、竹内牧師について参加し、実行委員になったのです。当日参加予定です。)

滋賀のみなさん、京都大阪のみなさん、福井の皆さん、
ぜひとも、広瀬隆さんのお話を聞きにいらして下さい。

願うこと、祈ること、一人ひとりの思いが未来を作っていきますね。

安心して子供を産み、
育てることのできる国、
安心してその土地で育った野菜を食べることのできる国、
四季の美しい
心の美しい人たちが
しあわせに暮らしている
笑顔いっぱいの国を作りたいなぁ・・と思います。

全国からのご参加、お待ちしています。

城谷小夜子


【広瀬隆講演会「琵琶湖・関西の水がめが危ない」】

●日 時:   2011年10月10日(月・休)
13時30分?16時30分
  広瀬隆講演会「琵琶湖・関西の水がめが危ない
●場 所:  大津市民会館大ホール
(大津市島の関14−1 Tel(077)525-1234)
●参加費:  500円
●お申込:  お電話にてお願いします。
077-524-9970(木戸まで)
●主 催:  さいなら原発・びわこ実行委員会
●お問合:  木戸さんでOKですが、わたしの関係者の方は、わたしに連絡くださってもOKです。
連絡先は、
〒270?2251千葉県松戸市金が作60?4
NPO法人グローバルシアター和の輪
 城谷小夜子(sirotani sayoko)
Tel047-388-3841 Fax047-388-3848
 メールは:info@wanowa.org
★大津でお会いしましょう!
 
  2011年09月05日 14:45

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wanowa.org/mt/mt-tb.cgi/581

▲pagetop


バックナンバー
バックナンバー一覧
城谷小夜子ができること「ヘルス・アート」「講演」「企画」