城谷小夜子が出来る事
城谷小夜子プロフィール] 
ヘルス・アート] [講座案内] [企画


≪城谷小夜子プロフィール≫
2006年10月31日現在
 
[本 名] 城谷 小夜子 (しろたに さよこ)
[肩書き] 女優/NPO法人グローバルシアター和の輪 代表理事
プロデューサー/演出家/振り付け師/エッセイスト/脚色家
女流義太夫(竹本初丸)/鍼灸師/心理療法カウンセラー
[出 身] 京都・西陣
[現住所] 〒270-2251 松戸市千駄堀1695−1
TEL:047-368-1361  FAX:047-368-1361
[資 格] 厚生労働大臣より、はり師免許・ きゅう師免許 取得
日舞(藤間流お家元名取り)藤間史小夜
義太夫(大阪文楽協会因講女子部)竹本初丸
華道(東山未生流師範)隆君斎君甫
長唄(杵屋佐吉派名取り)杵屋佐之華
琴(衛藤流助教授)
心理療法カウンセラー・訪問心理士2級資格 (NPO法人次世代育成ネットワーク機構認定)
東洋医療医学療法士認定(東洋福祉専門学校より)
(社)埼玉県食品衛生協会より食品衛生責任者・資格 プロトレーラーC級
[受賞歴] 関西矢の会賞(前進座)
大阪文化祭賞奨励賞(平成16年度)
(社)全日本鍼灸学会・後藤会長より在学中の鍼灸医学の学理の究明への研鑽を称えられ賞状授与
[稽古事] 日舞(藤間多寿史先生)/謡(宝生流)/狂言(茂山千之丞師)/体操(野口三千三先生)
/琴(衛藤流山浦先生)/生け花(東山未生流・市橋君甫先生)/三味線(京都・杵屋勝多寿師匠)/長唄(杵屋佐之忠師匠)/清元(清元延古摩師)/書道(渡辺華雪先生)/歌(河崎美智子先生)/気功(矢山利彦先生)/小鼓(住田小夜子先生)/バレエ(本間祥公先生)/易占(宇澤周峰先生)/英語(京都ステップ会)
他に、漢方療法トレーラー、アロマ、リフレ、速読、ベビーマッサージ、催眠療法、太極拳
[所 属] 日本俳優連盟/藤盛会(藤間流)/杵屋佐吉会(長唄)/大阪文楽協会因講女子部
[特 記] 露日協会エカテリンブルグ支部名誉会員(日本とロシアの友好を称えられ)
[経 歴] 明大第2文学部英文科中退。

劇団前進座付属俳優養成所第6期卒業。

1976年前進座に入座、2000年6月15日退座。
東洋医療福祉専門学校卒業。

NPOグローバルシアター和の輪を2001年6月18日に立ち上げる。

2002年2月27日東京都 より特定非営利活動法人の認証を受け、「NPO法人グローバルシアター和の輪」と なり、代表理事となる。

2001年、『童門冬二の世界』で、旗揚げ公演。舞台、ラジオ等に出演しながら、独自の勉強を続け、舞台活動と共に、2014年春からヘルスアート塾を開講し、日本伝統文化と東洋医学と東洋哲学を融合させた自分磨きの場を提供する。

NPOを立ち上げた基本理念は、「日本の伝統文化を伝え、体験してもらう事で、国内外の人たちに心身ともに健やかになり、自分らしく生きる道を見つけて頂く。その普及活動を通じて、人々と交流していく事」。活動の3本柱は①舞台②国際交流③学ぶ、この3つの活動を中心に 普及活動を続けています。

1994年から日本文化を世界に紹介し続けている。

国際交流基金の助成を受け、ロシア・サンクトペテルブルグ演劇アカデミィ、USAエール大学、ルイジアナ工科大学などで教え、昨今ではユネスコITI等で、ゲストアーティストとして日本文化を教えた。(ユネスコITIが城谷のワークショップ・ビデオ制作)

1999年には、国際交流基金派遣課主催事業代表としてロシア3都市公演。

2001年(平成13年)6月18日 NPOグローバルシアター和の輪を東京都江東区にて立ち上げ 『童門冬二の世界』にて旗揚げ公演(深川江戸資料館にて)・金沢でも公演

2002年(平成14年)2月27日 東京都よりNPO法人の認証を受ける

和の輪俳優養成所開校。 ハリウッドへの俳優訓練ツアー。

12月ミュージカル「2002平家物語」上演

2003年(平成15年) ハリウッドに姉妹劇団誕生=シークレット・ローズ劇場とタイアップして「八月十五夜の月」日米合同公演。

淡路島より人間国宝・鶴澤友路師匠と神戸より竹本初美師匠をゲストにお願いして近松門左衛門『心中天の網島』を上演。“橋づくし”復曲できた。香港大学・台湾大学他で日本伝統文化を教える

2004年(平成16年)「心中天の網島」にて大阪文化祭参加、山口、福井、石川公演 ラジオ深夜便出演

2005年(平成17年)女流義太夫としてプロデビュー。竹本初美師匠(女流義太夫・大阪文楽協会因会所属)より、小松左京氏立ち会いのもと、竹本初丸のお名前を許される。

前年「心中天の網島」の演技により平成16年度大阪文化賞奨励賞受賞。

近松門左衛門「大経師昔暦」上演(芸術祭参加)

ユネスコに招かれてギリシャ悲劇と日本伝統文化の2つが特別授業として世界から参加した演劇大学の学生たちに教える。

2006年(平成18年) 心理療法カウンセラーとしての資格を取り、Webでのカウンセリング開始。(全国Webカウンセリング協議会認定)訪問心理士2級資格を取る。(NPO法人次世代育成ネットワーク機構認定)

CD制作「和の輪耳で聞く名作」近松門左衛門シリーズ1「心中天網島」(完全原作朗読)と小松左京作品集1珠玉編。

ユネスコ世界大会で日本伝統文化教える

大阪文楽協会因会(当時)に女義太夫・竹本初丸大夫として所属を許される

2007年(平成19年)ロシア公演

近松門左衛門「賢女の手習い並びに新暦」を羽咋・妙成寺さまと金沢・宝泉寺さまにて324年ぶりの再演を果たす。古事記研究会発足

2008年(平成20年)「賢女手習い並新暦」大阪(芸術祭参加)・京都公演  

2009年(平成21年)「日蓮記児硯」上演 

4月 東京新聞主催・全国舞踊コンクール創作部門第1位受賞「さらされた部屋」
(山口華子創作・本間祥公指導/斉藤友美恵主演・城谷小夜子語り)

2010年(平成22年)「恵信尼さま」広島にて初演。 それに先立ち東京にてプレステージ

2011年(平成23年)※3月11日東日本大震災  ※7月26日小松左京先生亡くなられる

5月ハリウッド・アリガト会旗揚げ公演「瞼の母」ゲスト出演(東日本大震災チャリティ公演)

 「恵信尼さま」全国公演。

2012年(平成24年)「小松左京が描いた女」上演。 「恵信尼さま」全国公演。

施餓鬼供養にて「牡丹燈籠」上演

2013年(平成25年)小松左京3回忌特別企画「小松左京が描いた10人の女と“地には平和を」 深川江戸資料館にて上演。ユーストリームにて世界同時中継。ゆかりの豪華ゲストにて華やかに女シリーズ全作品完成。小松左京の名を広めた「地には平和を」も同時上演出来た。

能登七尾にて『日像さま』(銅像再興10周年記念)上演叶う。

厚生労働大臣よりはり師きゅう師の免許取得・厚生労働省に登録

2014年(平成26年)ヘルスアート塾開講。 金子みすゞを創作劇に。 
[主な舞台] 和の輪制作・三宝敬原作・城谷小夜子脚色・演出「恵信尼さま」全国巡演中
≪坪内逍遥「大いに笑う淀君」淀君、五木寛之「蓮如(れんにょ)」蓮祐(れんゆう) 説教節「さんしょう太夫」伊勢の小萩、井上ひさし「たいこどんどん」袖ヶ浦(関西矢の会賞) 若林一郎「オバケちゃん」ママオバケ、安藤鶴夫「講談本牧亭」、舞踊「雪祭り五人三番叟」
山本周五郎「青べか物語」「赤ひげ」「夜の辛夷」 ≫
以上前進座
樋口一葉「十三夜」おせき 芸団協主催
アカシアの会にて小松左京「昔の女」、矢代誠一「宮城野」、近松門左衛門「女殺油地獄」
和の輪にて近松門左衛門「心中天網島」「大経師昔暦」「賢女手習並新暦」「日蓮記児硯」、
小松左京「おえらびください」、寺島玲子「千回恋して」、童門冬二「上杉鷹山」「銭屋五兵衛」、畑圭之助作ミュージカル「2002平家物語」、日蓮聖人物語①「竜の口の法難と行合川」②「悲母の毛髪」③「泣き銀杏」、「日像さま〜百カ日の大誓願と能登編」、小松左京「待つ女」「湖畔の女」「写真の女」「無口な女」「歌う女」「ハイネックの女」「流れる女」「秋の女」「昔の女」「旅する女」、仲川利久原作 城谷小夜子構成「若竹物語」、新作浄瑠璃「牡丹燈籠」
[海外公演] 1994 スコットランド・エジンバラフェスティバルに参加
1995 ロシア三ヶ所公演・ペルミ国際演劇祭招待作品
1996 サンクトペテルブルグ演劇アカデミィで日本文化を教える
1999 国際交流基金派遣課主催事業で代表者としてロシア3ヶ所の公演成功
2000 ウランウデの劇場と02年の公演の打ち合わせで7月渡露
2001 2〜3月「Asian American Theater Company」(サンフランシスコ)へNPOのインターンシップとして渡米(JUCEEプログラム)。日本語試験審査員。

11月 エール大学(NY)、ルイジアナ工科大学、ACT(SF)で日舞、立ち回り、ボディ&ボイストレーニングを教えた。(国際交流基金助成)

2002 3月 ニューオリンズ日本総領事館主催「One Woman Show in Japan」で一人舞台成功。

3月 第15回ルイジアナ・コンバット・フェスティバルに、日本からはじめて歌舞伎の立ち回りで代表招待され、成功を治める。

2003 5月日米合同公演「八月十五夜の茶屋」(ロサンゼルス)11月香港大学台湾大学ほか3つの大学で日本文化の授業提供。

2004 3月 サンクトペテルスブルグ演劇アカデミー創立225年演劇祭でゲストとして招かれる。エカテリンブルグ市にある露日協会エカテリンブルグ支部より名誉会員を贈られる。ウクライナ大学で日本文化ワークショップ。テレビ出演。

2005 7月ユネスコ(ルーマニア)に招待され、ギリシャ悲劇と共に、メインゲストとして、日本文化を15カ国の学生と先生に教える。(この授業は、演劇教材として、ユネスコITIでビデオ化され、世界に発信された)

2006 第31回ユネスコITI世界会議で、特別講師として招待され、日本文化を披露。

2007年11月1〜12日露日協会25周年記念イベントに招待され、エカテリンブルグ、 チェルビンスキー他で日本伝統文化の舞台を披露。

2010 ハリウッドアリガト会旗揚げ公演「瞼の母」母役にて特別出演
[特技] 江戸の早口言葉「外郎売り」 /歌舞伎「時代の立ち回り」/歌舞伎メーク指導/日本舞踊/
[ブログ] 「女優奮闘記」
▲pagetop




≪ヘルス・アート≫
info@wanowa.orgにご連絡下さい
 人間の身体を、精神やこころも含んだものとして、ホリスティックに見ようという考え方です。わたし事城谷小夜子は、長年和事の修行をし、俳優として舞台に立ってきました。 しかし、まちがった生活習慣から11年前に椎間板ヘルニアになりました。
 24時間続く七転八倒の痛みは何ヶ月にも及び、頑固なわたしもさすがに、自分の人生の考え方と生き方を反省させました。「自分の身体をどれほどないがしろにしてきたのか」「しかし手術はしたくない」・・・・わたしは祈るように先生を探し続けました。こころの底から助けを求めた時、師が現れます。「求めよ、さらば与えられん」です。松戸の金本光弘さんが救世主でした。「この本読んでみたら?」と、船井幸雄先生の本を紹介下さり、船井先生と出会い、船井先生から遂に生涯のこころの主治医となる矢山利彦先生と出会う事になります。矢山先生の元での2週間の入院は、生涯忘れる事の出来ないベルグソン時間でした。わたしの価値観が完全に変わったのです。いえ、人間はそう簡単に変わりませんから、自分の考え方に確信を持てたというほうが正しいです。野口三千三体操、数々の日本の芸能・・・日舞、歌、書道、茶道、生け花、能、狂言、わたしが学んできたそれらがすべて、宇宙の中にすっぽりと抱かれている自分を気づかせるものすごい芸術であったことがわかったのです。「日本文化は宇宙と一体になれるホリスティック芸術だ」 矢山先生から気功、東城百合子先生から食事の大事さ、米津千之先生からこころのあり方、打越弘子さんと中原光子さんから砂療法を学び、わたしの椎間板ヘルニアは完治しました。椎間板ヘルニアは、わたしに(1)身体の不調がどれほど精神までマイナスの影響を与えるものであるか (2)目に見えないエネルギィの存在を知る (3)正しい生き方への気づき (4)素晴らしいかったちとの出会い (5)日本文化の素晴らしさを認識 (6)演劇のもつ可能性の発見  というたくさんのプレゼントをいただきました。
 その後、実践しながら、芸術で健康になるヘルス・アート訓練法を開発してきました。あちこちの講座で喜んでいただいています。
 日本伝統文化と演劇を取りいれた元気になる「ヘルス・アート訓練方法」。一人一人の人生に違いをもたらす事の出来るプログラムは、ニーズに合わせて内容を変化させ、目的にそったプログラムを組めるようになっています。
子どもたちに…集中力の訓練
青年たちに…自己表現できる自分
学校の先生たちに・・・コミュニケーション能力
親たちに・・・子育ては自分育て
会社を元気にしたいと悩んでいる社長さんに・・・社長さんの悩み解決します
もちろん社員の方たちの能力開発に・・・社員のやる気は自己改革から
シニアの方たちに・・・・気持ち良くゆったりと生きたい
朗読ボランティアの会の方たちに…発声・朗読法お教えします
医療、福祉関係の方たちに…燃え尽き症候群に陥らないために

一度わたしに相談してみてください。解決方法がきっと見つかるでしょう。
ヘルス・アート体験の講座は、個人、グループ、1時間半からお受けします。
シリーズや、定期的にお伺いするのも可能です。
▲pagetop




≪講座案内≫
info@wanowa.orgにご連絡下さい
photo女優で、心理療法カウンセラーの城谷小夜子の講演をご案内します。 実際に講演して評判がよく、またニーズの多かったプログラムばかりです。 千葉・東京各地、金沢市、名古屋市、新潟市など多数。緊急対応出来ます。

魅力アップコース
【ボイス・トレーニング講座】
  お腹から声を出すには?よく通るいい声をつくるには?表現読みの方法を知りたい。心に響く読み聞かせをしたい。・・・・そんな方達にぴったりの講座です。丁寧に一から教えます。
  1. 声を飛ばす方法
  2. 腹式呼吸
  3. 「あいうえお」訓練方
  4. 表現読みの方法
2回以上の場合、江戸の早口言葉「ういろう売り」や、実際の語りまで出来ます。
【音読で表現力アップ】
今、語りや朗読に興味を持ち、自分で音読を学びたい人たちが増えています。音読は、脳の活性化を促進し、ストレスに強い身体をつくり、自己免疫力を高めます。
始めは、名作といわれる「民話」「小説」「童話」などからテキストを選びます。複数回学べる場合は、自分の読みたい作品に挑戦するいこともできます。各地大変好評なプログラムです。
【感性を磨く〜本来のあなたに若返る】
感性を磨く訓練です。感性というとなにか難しいことのようですが、つまりは、みんなで一緒に笑い泣き感動するこころを、ちょっとおもいだしましょう、というトレーニング方法です。
【もっと魅力的なあなたになる魔法のレッスン】
一番人気のプログラムです。身体のこと、声のこと、ことばのこと、心のこと、感性のこと、人間関係のこと、自分の悩みのこと、ぎゅっと凝縮して全部やりましょうという欲張りコースです。


教養アップコース
【小倉百人一首を楽しむ】
  百人一首といえば、小倉百人一首というほど、ほとんどの人が知っている短歌集です。1番の天智天皇から100番の順徳院まで、600年間の日本の歴史上の人物の中から100人を選んだ藤原定家は、なんというすばらしい仕事を後世に残してくれたのでしょうか。この機会に、美しい日本語を味わい直すのもステキなことですね。
【浄瑠璃って簡単】
城谷小夜子は、人形浄瑠璃因会の正式の会員として登録されているプロの女流義太夫です。 浄瑠璃、義太夫、文楽、これらの違いは何でしょうか。この講座では、わかりやすく説明し、浄瑠璃の弾き語りをお聴きいただき、皆様で声をだしてもらい、浄瑠璃を体験していただけます。きっと、浄瑠璃の面白さに、みなさまワクワクされることでしょう。
【知られざる近松】
江戸時代のことを学ぶのはいかがでしょうか。もし、近松門左衛門という人がいなかったら、歌舞伎や文楽はつまらないものとなっていたでしょう。日本のシェイクスピアといわれるのはなぜか。大変謎の多い人物ですが、近松を知ることで、今の自分とのつながりをきっと感じていただけることと思います。目からうろこのお話満載です。


コミュニケーション力アップコース
【「うつ病を一緒にかんがえよう」〜基礎講座 成人向け】
うつの時代といわれています。うつとは何かを、初心者用にわかりやすくおはなしします。そして、実習を通して、うつを予防しましょう。日常生活の中で簡単にできる気分転換の方法教えます。
【「伝えていきたい〜思いやり・コミュニケーション」〜日本文化から学び、江戸しぐさを学んで人間関係をもっとよくしませんか】
現代人が最も注目している“コミュニケーション”。世界最大の江戸の町は、異文化の人たちが暮らした町でした。江戸しぐさとは、お互いに気持ちよく共生するために築き上げた「人付き合いの心構え」を形にしたものです。人間関係がよくなる工夫が一杯です。おもしろい!
講演料につきましては、ご相談に応じます。
実費として、交通費・ホテル代等必要となります。
少人数の場合、考慮いたします。まず、ご相談ください。

info@wanowa.org
NPO法人グローバルシアター和の輪
▲pagetop




≪企画≫
info@wanowa.orgにご連絡下さい
 城谷小夜子は、企画が大変得意です。人脈と適材適所、予算に合わせて、ご満足いただける企画を今まで数多く手がけてきました。

出演・・・ 城谷小夜子、和の輪所属の俳優、音楽家によるパフォーマンス。
規模と内容によって、最適のプログラムを組ませていただきます。
司会進行・・・・ パーティーやシンポジウム、発表会などアドリブのきくうまい進行をお任せ下さい。
企画段階から・・・・ テーマ選びから、準備、当日進行まで、トータル的に予算に合わせて最高のイベントを実行できます。(プロの照明、音響、舞台監督、出演者を揃えます)

 個人のお祝い事や、会社の創立記念イベント、業界の行事、行政の地域活性まで、一度ご相談下さい。
▲pagetop